Surface Bookの価格やスペックが凄いが買いか?Surface pro4との比較考察も

いよいよマイクロソフトのSurfaceシリーズ
ハイエンドノート「Surface Book」
日本での発売が始まりますね!

発売日は2月4日!価格は一番安価なモデルで
20万4800円、ハイエンドモデルの
外部GPU搭載モデルは34万4800円と発表
ありました。
現在マイクロソフトストアおよび全国の
量販店で予約受付が始まっています・・・

悩むな〜・・・・・

でも見れば見るほど、あの美しいデザインは
欲しいって感じですよね!

今日はそんなマイクロソフトのハイエンドノート
Surface Bookについて、あれこれ調べてみたいと
思います!

スポンサーリンク

Surface Bookのスペックや価格、発売日

Surface Book は Surface らしさであるノート PC とタブレットの両立を、グラフィック性能も含めた最高のノート PC としてのパフォーマンスとして、また薄さ約7.7 mm という超薄型タブレットとして実現した、究極の一台です。
13.5 インチ PixelSense ディスプレイ
第 6 世代 Intel Core i5 / i7 プロセッサー
Surface ペン付属
Windows 10 Pro 搭載
(公式より)

Surface Bookスペックと価格

Surface Book – 512GB / Intel Core i7 / 16GB / GPU

¥372,384 (税込)

Surface Book – 256GB / Intel Core i7 / 8GB / GPU

¥291,384 (税込)

Surface Book – 256GB / Intel Core i5 / 8GB / GPU

¥269,784 (税込)

Surface Book – 128GB / Intel Core i5 / 8GB

¥221,184 (税込)

発売日については現在マイクロソフトストア、
全国の量販店で予約受付中で、2月4日発売。
またマイクロソフトストアでは2月3日までに
予約をすれば、特製Surfaceペンスタンドの
プレゼントがあるそうですね。

昨年秋に行われたマイクロソフトの発表会で
「13インチ級史上最高性能」
「MacBook Proより2倍パワフル」
とうたわれており、
通常のハイエンドノートか?と思わせておいて
実は分離します!的なプレゼンが面白かったのも
記憶に新しいところ。その完成度の高さに
発表会場ではスタンディングオベーションでしたからね。

注目の高さが伺えますよね。

Surface Bookの凄いところ!

クラムシェル型ノート志向2-in-1
マッスルワイヤーと呼ばれる独自のドッキングメカニズム

Surface Bookの特徴はなんといっても
分離式のキーボード側にGeForce GPUを内蔵していて
合体時には高性能ノート、画面側を分離すると軽量な
タブレットとして使える製品という部分ですが、

PCI Expressの接続で
キーボード部の外部グラフィック(NVIDIAのGeForce)
でどの程度のものかは非常に楽しみな部分です。

CADデータがさくさく編集できたり、
画質クオリティの高いゲームがどの程度
動かせるかは、実機ではやくみてみたい
ところですね。

液晶のサイズは13.5型、
他のSurfaceシリーズと同じ3:2の比率を採用
解像度は3,000×2,000ドット(A4サイズの用紙に合わせた)

で今回「G5」と呼ばれる独自のチップセットを搭載し、
タッチ/ペン操作の使い勝手をさらに向上されている点も
試してみたいところですね、現surfaceでもすでに書き心地は
他のタブレットとはやはり違いますからね。

「PixelSense」と呼ばれる独自の技術で
タッチとペンの操作性がどれだけ違うのかも
早く試してみたいところではあります。ちなみに
ペンの筆圧検知は1,024段階、
カバーガラスはゴリラガラス4だとか。

いくつか他サイトのレビューを見ても
Surface Bookのガラスの薄さ、
ペンがディスプレイにピクセルを書き込んでいる
ような感覚に絶賛する声も多いです。

Microsoftがうたうところの
Skylake CPUでの最速の13型ノートPC、
その値段もびっくりですが、
やはりその実力をはやくみたいという方は
多いようですね。

Surface Bookは買い?気になるところは?Surface Pro4と比較も

海外のフォーラムや、
他のサイトで情報をみていると
Surface Bookの割高感を感じている
人は多いようです。

Surface Pro4の一番高いモデルのスペックは

Surface Pro 4 – 512GB / Intel Core i7
価格¥312,984 (税込)

となっていてこちらも30万超えの
ハイエンドモデルで、CPUも同じi7ですが、

CPUの型番を見ると
実は、Surface Bookよりもグラフィックス性能が
高いCPU(Core i7-6650U)が用いられているようです
Surface Bookは(Core i7-6600U、*表示は不明)

ベンチマークをみていると海外サイトでは
Surface Book Core i7 外部GPUモデルが
Surface Pro4の内蔵GPUよりも劣っている。
というベンチマーク結果も紹介されているようです。

価格面においてもGPU性能で考えても
Surface Pro 4のCore i7モデルのほうが
Surface Bookより安いくてお買い得という
結論にいたっていますね・・・・

実際にFF14や画像のクオリティが高いゲームを
動かせたとしても、最高クオリティのグラフィックスではなく
通常の品質でまあ動くという感じのようですね・・・

バッテリーの持ちについても
Surface 3が圧倒的にバッテリーはもつ
結果にもなっているそうですが、

まあこの部分は、スペックが関係してきますから
ある程度12時間位もてば、
OKなんじゃないかな?

また個人的に気になる点は、
Surface Pro 4もSurface Book
も画面であるタブレット側の重さが
重いことにより、机の上での作業は
良くても、膝の上において使うには使い勝手はどうなの?
という疑問もありますね。

トラックパッドが不安定感(11月初旬にファームウェアパッチで対応)
などの報告もありますし、結構深刻な課題のようで
これ一台で完璧!というよりは
やや不安要素もか抱えていることは事実のようです。

 

まとめ

ガジェット界に衝撃を与えた
Surface Book、
そのプレミアム価格や美しいデザインは、
以前のマイクロソフトからは考えられないような
方向性で、ある意味Appleに似てきている部分かな?
と個人的には感じています。

個人的にはまぢ欲しい製品ではありますね(笑)

最小構成で20万4800円!
最高モデルで37万!

やっぱりSurface Book試すなら
GPU別モデルだよな〜やっぱ・・・
カフェとかで作業してても目立つよな〜(笑)
ゲームなんか動かしてたら・・・

「いや〜ブログ書くだけにそんなGPU性能いらないだろ?」
「macbook proで十分だろ?なにを贅沢な・・・」

などと周りから猛反対を受けている
筆者なのですが・・(笑)

いや〜もうこっそりぽちってしまったことは内緒で・・(笑)

・・・・

まあ実際のところ、surface bookの完成度の高さや
使い勝手はやっぱり手にして試してみたい!という
誘惑には勝てませんね・・・・
GPU別バージョンですなやっぱり・・・買うなら・・・

windows10になって、PC、スマホ・タブレットなど
すべて同じOSにこだわるマイクロソフトの方向性と
あくまで、iOSとOSXを分けていくAppleの方向性
ある意味今後の見所なんじゃないかな?と思っています。

2月4日に実機が届くのが楽しみです。
まあやることはブログくらいなんですが・・・
早く触ってみたいですね!

Thank you for coming today.

スポンサーリンク

iPhone7のコンセプトデザインが公開!iPhone8までも?はこちら

iPad Proは買いなのか?価格やスペックから考察することはこちら

Applewatch2(次期Applewatch)のデザインは?機能や価格や発売日など最新噂まとめはこちら

アップルウォッチの修理費やバッテーリー交換は高い?購入前に知っておきたいこと

iPad Air 3の発売は?iPad7って?スペックや価格の噂まとめ

iMacの歴代デザインやスペックのまとめ!次期iMacコンセプト画像も

トップへ戻る

最後までお読み下さってありがとうございました。他関連記事は下にあります。
よろしかったらどうぞ。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さりありがとうございます。
SNSで広めてくださると喜びます!!

Pocket はてブ Google+ Feedly LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

iPhone7のコンセプトデザイン集

iPhone7コンセプト画像

ダニーマッカスキルがマウンテンバイクでスコットランド絶壁に挑む動画

マウンテンバイクでスコットランド絶壁

ロードバイクの有名ブランド30社まとめ!創業の歴史や代表モデルも

ロードバイク

おすすめカテゴリー記事