Applewatch2(次期Applewatch)のデザインは?機能や価格や発売日など最新噂まとめ

watchOS 2が発表され、Applewatchの使い勝手が
さらに向上されますね。アップデートはもう少し先
になるようですが、期待している方も多いようです。

多くの文字盤ニューフェイスやタイムトラベル機能
カスタマイズ、やアプリのネイティブ化など
かなり使い勝手が向上されそうで楽しみです!

今日は少し気が早いですが、早くも次期Apple Watch
ソフトウェアとハードウェアに関する情報が噂されています。
Applewatch2(次期モデルAppleWatch 第2世代)
ついてデザインや機能、発売日などを
まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク


9to5Macという有名なApple関連の噂サイトや、
中国WeiPhoneというサイトなどからいろいろな噂の情報が
飛び交っていますね。今日はそういった現代段階ででている噂を
まとめてみました。(*また今後情報が出次第、こちらで追記していきたいと思います)

 

次期モデルAppleWatch 第2世代の名称は?

スクリーンショット 2015-09-17 11.46.28

次期モデルの名称はApple Watch 2になる
可能性が大のようです。

iPhoneの時はマイナーアップはS
メジャーアップの時は番号が新しく
なっているので、
Applewatchに関してはどういった
名称パターンになるのかは、
現在不明ですが、ネットで出ている情報は
Applewatch2 という予想が
大半のようですね。

 

Applewatch2(次期モデルAppleWatch)の新機能の噂

第2世代のS2チップが採用

Apple WatchはS1チップが搭載されていることから、
次期モデルにおいては第2世代のS2チップが採用されるだろうと
容易に予想ができます。

 

「FaceTimeビデオカメラ」をフレーム上部に内蔵

ビデオカメラ通話が可能に。

スクリーンショット 2015-09-17 11.49.04

GPSやSIMが搭載されると予想

「Find My Watch」「Smart Leashing」の実現

現行のApple WatchではiPhoneやiPadのように「iPhoneを探す」
で紛失した際に調べる術がないですが、
「Find My Watch」を実現し、
「AppleWatch」の現在位置の場所を検索することが可能。
リモート操作でロックをかけたりデータの消去ができるようになるとのこと。

また、iPhoneを置き忘れた時にApple Watchに通知をしてくれる
「Smart Leashing」という機能も開発している。

新機能として「Tether-Time」と呼ばれる機能が採用
「iPhone」レスで動作可能になり、様々なアプリがWi-Fi接続のみで動作

センサー類も追加

血圧測定や血糖値を測れるセンサーが追加されると予想され、
健康管理機能が拡充
不整脈検知と血圧・血糖値の測定

ヘルスケアとフィットネス機能に
心拍センサーから不整脈を検知したらユーザーに通知をする機能なども
検討をしている。

また、血圧の測定や睡眠時のトラッキングなどの機能、
さらにはグルコース/血砂糖センサーの追加も計画

この辺りは、規制によってどの辺りまでできるようになるかは
不明なようですが、バッテリーも改善され、睡眠なども監視、管理
できるようになるそうですね。

 

文字盤機能のウェジェット機能追加

Apple Watchの時計表示部には天気予報やカレンダーのイベントなどを表示させることができる小型版ウェジェット機能と呼べるものが搭載
されています。そしてこのウェジェットが
「Complications」としてサードパーティに解放することを計画しているとのこと。

Twitterのウェジェット機能(Twitterの未読数などを文字盤のウェジェットに表示させる)
となる「Twitter Complications」をテストされているようです。

バッテリー持続時間も改善

バッテリー持続時間が現在初代アップルウォッチでは18時間ですが、
やはり18時間では毎晩充電する必要があるため、この辺りは確実に
改善してくる気がしますね。

 

Applewatch2(次期モデルAppleWatch)のデザインの噂は?
コンセプトデザインなども

 

Apple Watch 2は現行モデルと同じく四角いディスプレイを採用
しスクリーンサイズや解像度に大きな変化はないだろうと予測されています。
バッテリーの改善

丸いラウンド形状を期待する声も多々あるようですが、
採用される可能性は低いとの見方。

また、「Apple Watch 2」は20〜40%薄型化され、
「WWDC 2016」で披露される可能性があるという
噂もでていますね。今後薄型になっていくというのは
Appleでは容易に予想されますが、
電池の持ちなどが心配される部分ではありますね。

現行モデルの「スポーツ」、「ステンレス」、「エディション」に加えて、
ドルの新たな価格帯(1000ドルから10,000ドル)のモデルが追加。

「チタン」や「タングステン」「パラディン」「プラチナ」モデルが登場。

ディスプレイ形状に変更がなくても、その部品が薄型になることによってより大容量のバッテリーが搭載されるかもしれない

コンセプトモデル

コンセプト画像ADR Studio制作

スクリーンショット 2015-09-17 11.34.28

WeiPhoneサイト

スクリーンショット 2015-09-17 11.33.03

Applewatch2(次期モデルAppleWatch)の価格は?

初代のアップルウォッチで一番高価な「エディション」18金バージョンは
128万円から218万円ですが、

現在の「エディション」よりさらに高額な
プラチナバージョンのApple Watchが登場。

iPhone5cで使われていた
プラスチック素材やアルミニウムを使った低価格モデルが登場

価格帯がさらに広がる可能性が予測されていますね。

最高価格200万以上、の最低価格42800円以下でしょうか?

スクリーンショット 2015-09-17 11.51.18

またチタンやプラチナモデルはApple Watch Editionで
新たな価格が付けられる可能性もあります。

Applewatch2(次期モデルAppleWatch)の
発売日についての噂

 

発売日は2016年4月という予想が強いようです。

9to5Macによると、2016年3月のAppleイベントで
Appleは「Apple Watch 2」の発表を準備中、
2016年4月に出荷を予定しているとのこと。

 

今年のパターンから言えば打倒なところですが、
昨年2014年9月に初代のApplewatchの発表がされていますから
次期Applewatch (Applewatch2)の発表がいつになるのかは
わかりませんね。2016年の初めに発表、4月または3月に発売といった予想が
打倒なところでしょうか?

apple WatchはiPhoneと同様に1年更新になると
考えられているのが前提なので、
Applewatch2が発表されると、今後の次期モデルも
予想しやすくなりますね。

iPhone同様に、1年毎にマイナーアップでデザイン変更は
2年ごととかになるのでしょうか?どのようなアップデートパターンに
なるのかも、不明なので、その辺りも次のモデルがでることによって
分かってくるでしょう。

発売半年後の現在でもAppleにはかなりの数の
フィードバックがされているので、どのように改善されていくのかは
楽しみではありますね。

まあ、なんでもアップルの新製品の噂や情報で盛り上がるのは
楽しいですね。次期Applewatchの発表が待ち遠しいです。

Thank you for coming today.

スポンサーリンク

よかったらこちらの記事もあわせてどうぞ!

iPhone7のコンセプトデザインが公開!iPhone8までも?はこちら

iPhone ProがiPhone7と同時に発売?デザインやスペックや価格は?はこちら

iPhone7sから曲面ガラスを採用した有機ELディスプレイに?ワイヤレス充電もはこちら

iPad Proは買いなのか?価格やスペックから考察することはこちら

アップルウォッチの修理費やバッテーリー交換は高い?購入前に知っておきたいこと

新MacBookは買いなのか?MacBook airと比較や使い方は?ネットの反応もはこちら

トップへ戻る

最後までお読み下さってありがとうございました。他関連記事は下にあります。
よろしかったらどうぞ。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さりありがとうございます。
SNSで広めてくださると喜びます!!

Pocket はてブ Google+ Feedly LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

iPhone7のコンセプトデザイン集

iPhone7コンセプト画像

ダニーマッカスキルがマウンテンバイクでスコットランド絶壁に挑む動画

マウンテンバイクでスコットランド絶壁

ロードバイクの有名ブランド30社まとめ!創業の歴史や代表モデルも

ロードバイク

おすすめカテゴリー記事